メスを使用しない治療

目の下にクマができていると、疲れていると誤解されてしまったり、老けて見られてしまったりする可能性が高くなります。そのように見られても何も良いことはありませんので、美容外科クリニックでクマ治療を受ける人がたくさんいます。クマの種類によって治療方法が変わってきますが、皮膚のたるみが原因で生じている黒クマを治すためには、メスで皮膚を切除してしまう方法が一番有効であると考えられてきました。しかし、最近では、メスを用いない方法でクマ治療をするケースが多くなってきています。メスを用いない方法の方が、ダウンタイムが短くなりますし、肌に傷跡が残ってしまう心配もありません。具体的には、注射を用いたり、特殊な糸を用いたりするケースが多いですが、サーマクールという名前の最先端のたるみ治療を利用する人も多くなってきています。サーマクールを受ければ、肌そのものの若返り効果を得ることができるため、高い人気を呼んでいます。

サーマクールは、高周波を照射することによって肌のたるみを解消する最先端の治療方法です。まだ新しい技術であるため、サーマクールの機械を導入していないクリニックも少なくありません。ですから、サーマクールを用いるクマ治療を希望している場合には、事前にクリニックに電話をかけてサーマクールが導入されているかどうかを確認してみることをおすすめします。高周波はレーザーよりもはるかに強いパワーを有しているため、少し前までは、目元の治療には使用できないと考えられていました。しかし、目元治療専用のヘッドが開発されたため、クマ治療にも使用できるようになりました。目元治療の場合は、サーマクールアイズという名前で呼ばれることが多いですが、肌の表面には全くダメージを与えずにクマのないキレイな目元を作ってくれます。

ピックアップ

  • 花を見つめる

  • 元気がいい年配

  • 大きな瞳

  • 食事を調整する