多汗症と向き合う

多汗症は、人より汗をかく量が多い状態を指します。この多汗症に悩んでいる方に対する治療法についてまとめてみます。 多汗症は手術による治療法と、ボトックス注射による治療が一般的です。手術による治療法は交感神経切除術や、超音波手術が挙げられます。交感神経切除術は、交感神経の働きを抑えることで、汗をかきにくくするというものです。超音波手術は、わきの下の汗腺を超音波によって除去するものです。 ボトックス注射はボツリヌス毒素により、発汗を促す神経をブロックしてしまう治療法です。ただ、神経の機能は再生されるため、この治療効果は永久的に続くわけではありません。期間は個人差がありますが、継続的な治療が必要になってきます。

多汗症に悩んでいる方は、症状や希望によって、手術やボトックス注射による治療を行います。近年は、ボトックス注射による治療が人気になっています。 ボトックス注射による治療は、先程説明した通り、継続的な治療が必要なものです。しかし、手術に比べるとリスクが少なく、身体にメスを入れないで行える治療法であることが人気になっています。また、ボトックス注射による治療は、どの部位の多汗症でも対象になっています。さらに注射を行うと、タイムラグがなくすぐに効くことも、人気の理由の一つになっています。 多汗症は、精神的なものが主な原因になっているといわれ、まれにですがボトックス注射を行うことで安心し、治ってしまう方もいます。自分に合った治療法を選択できるよう、専門家に相談しましょう。

ピックアップ

  • 花を見つめる

  • 元気がいい年配

  • 大きな瞳

  • 食事を調整する